So-net無料ブログ作成

【紀ノ川】幻のタスク。 [パラグライダー。]

2014.11.16(sun)

岩屋も飛べそうだけど、紀ノ川居残り。
朝食はみんなでジョイフルです。
ラインを巻く?議論で始まりました。

朝は晴れていたのに、次第に高層雲が・・・
それでも当初の予定通り、なんとか草コンペしようと準備。
講習生が次々飛んでいくけれど・・・
ここは午後から良くなるエリア!と信じて、
ロマンある30キロタスクを組んで、風待ち。

やよい嬢は午前中はタンデムパイロット。

世界戦を控えたたろー選手。CCC準拠のライザー・ラインに交換。
IMG_5183.jpg
なんとかステイはできそうなくらいにはなったけど、
コンペできるか?微妙。
ためしに飛んでいくものたちも破れ・・・
IMG_5185.jpgIMG_5187.jpgIMG_5189.jpgIMG_5193.jpg
結果、一日待ったけどね。
コンディション好転せず。コンペにならず。きのかわってしまった一日。
でも、なんだかんだと楽しかったな。

また来週も飛ぼうっと。

【紀ノ川】こんなに飛べるエリアだったのか! [パラグライダー。]

2014.11.15(sat)

高照寺Jが終わり、ちゃんとコンペで飛べるだけの技量をつけたいと
痛感し、フライト練習へ。
北風予報なので、紀ノ川エリアへ。
冬シーズンがベストコンディションとなるここ。
風強すぎ・・・と飛べない覚悟でテイクオフに上がったものの、
地元の方々は飛び、上空高くソアリング。さすがー。
IMG_5162.jpg
それでもテイクオフできるのは上級者のみ。
私は何度かチャレンジするものの、強くて失敗・・・。
強風に対する恐怖感もあって、どうも出られません。
出られた機体は高度1,400mで雲底につけ遠くへお出かけ。いいな。

午後になって、ようやく風も落ち着いてきたところ。
14時にテイクオフしました。

時折、+4-5m/sの強いサーマルもあって、でも風は強くって、
どうしたらいいかわからず、ただ上げられているだけのときもあったけど、
流されないよう、高度を上げられるよう、翼をコントロール。
高く上がったものの、竜門につけるのって、どうも吹き抜けにつかまりそうで怖い。

やよい嬢、あつ姫と、西のコンペ女王たちと共に飛んで、
テンションが上がったなー。

みんなほど移動ができず、山の沖の上昇帯を移動していただけで、
あと後半は西側の小山で穏やかなサーマルと戯れてました。
粘っていればいくらでも飛んでいられるコンディション。
西の和歌山の海に差す夕日がきれいでした。
IMG_5176.jpg
もう16時過ぎてた。
IMG_5178.jpg
久々にたくさん飛んで、ランディング。
紀ノ川ってこんなにたくさん飛べるとこなのね(驚)

夜はみんなでキムチ鍋!
IMG_5179.jpg

【高照寺(氷室)】大会の前日はいい天気。 [パラグライダー。]

2014.11.7(fri)

今期2戦目は、高照寺Jリーグ。
1ヵ月以上も飛んでいないので迷いはあったけどエントリーしてしまいました。

大会には毎度のこと、前日のほうがコンディションがよさそうなので、
休暇をとって前日入り。

朝にはショップについたけれど、ここは午後エリア。
天気はいいけれど風が強いのでのんびりです。
昼になって、氷室山へ移動。

テイクオフに到着するとしばらく風が強いのでウェイティング。
ミニグライダーで颯爽と飛び出したのは長島さん。
IMG_5084.jpg
風が落ちてきて、地元の方が飛び始めソアリングしはじめたので
フリーフライト開始。
↓シュークリームのおじさん。
IMG_5087.jpg
IMG_5092.jpg
定石通り、氷室の尾根からサーマルが立ち上がり、
そこで少し上げてから、沖へ。

ショップの上空あたりでグラウンドサーマルがあるようで皆が集まる。
私も遅れてそこに合流。弱いくらいの穏やかなサーマル。
それで高度1,000m。
高度制限に近づいたので移動開始。

みんな高い高度を保ってあちこちに散っている。
さて、どこを目指そうか?何も考えずに飛び出してたので、
まずはリーサイドになる高照寺山を避け、氷室山山頂を目指す。
結局ずっと上がらず、山に居ても何も無く。またリターン。

同じところで上げなおす。そこにtalaライトに乗る長島さんを発見。
そうか、こういうときこそうまい人の飛びについて勉強しよう!と
同じサーマルの下へ。
弱くってとらえどころのないサーマルも、うまく乗りついで一段高い。
うむむ。

グライダーコントロールが雑な自分にも気付き、ロスないように意識する。

そのうち北へ移動してったので、私も移動。
山からの被りがこわいなと思ったけど、それほどではなく。
しっかり日照があって、粘っては居られるけれど、上げ返せず。

じわじわ高度をなくしたので、ランディングへ戻ることに。
メインランディングが荒れていることもよぎったけど、先に降りた機体が
怪しくはなかったので大丈夫だと判断。

風下側からランディングに向かっていた私は、思いのほか風が強く、
ランディングに届くかどうか気まずさを感じながら・・・

どこでも降ろせる安心さに甘えて、アウトサイド。
即効で回収されました。すみません。
IMG_5098.jpg
なんだかあっという間のフライト時間でした。
IMG_5099.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。