So-net無料ブログ作成

《六甲・西半縦》今までで一番酷な登山。 [やまあるき]

2015.8.29(sat)

8月の最後の週末。もう暑い頃も終わるかな・・・と期待して。
一度練習してみたかった、六甲の西半縦。
縦走何度もしてる人を誘って、始発で六甲須磨浦駅へ。

朝早い・・・ということで、いつもながら、血圧もテンションも低い。
六甲須磨浦から、まず最初の旗振山へ。
階段が続いて、すでに息が上がる。・・・やばい。

ゆっくり休みながら、ようやく山頂。
そしてそのまま縦走へ。
緩やかな道はいいけれど、そこから階段を激下り、そしてまた登り。
住宅街を抜け、また山を登る。

つ、つかれた・・・
そして、思ったより暑い。
天気は曇りだけど、湿度も高く、風もなく。とにかく暑い。
水分いっぱいもってきたけど、どんどん飲んでしまう。

住宅街を抜けている間に、お店でアイスを食す。
あぁ、まだまだ先が遠い。

縦走の地図を見ると、ずいぶん歩いてきたなぁと思ったけど、
先をみると、遠い・・・
高取山を超え、もう限界・・・

一番の核心、菊水山の手前で、長い休憩。
で、思った通りしんどい菊水山をとる。トレランの人もたくさん。すごすぎ。

それから鍋蓋山。
もう限界ー、まだーと文句を垂れながら、先へ。

下山して、市が原。ここで半分といわれているけど、
意地になって、あと、荷物も少し持ってもらって、掬星台まで!

いやーがんばった。
ビール奢ってもらった

そこで終了。
下山はすいすいと早かったー。

下山後はお風呂に入って、十三。飲んだ。でも立ち飲みは無理だった。
もう、縦走大会は無理・・・

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。